TOEICは就職活動で有利?

先日、就職活動でTOEICが本当に有効なのですか?
という質問を頂いたのですが、、、
 
 
はい、これは間違いなく有利です。
 
 
世の中には色々な資格があります。
英検、宅地建物取引主任者、ソムリエ検定、簿記などなど
星の数ほど資格はありますが、、、
 
 
TOEICほど、どの業界でもプラスに働く
資格は存在しません。
 
 

TOEICは、どの業界でもプラスに働きます。

 
 
宅地建物取引主任者は、不動産関連の会社でないと役に立ちませんし、
簿記も、経理になる人以外には何の役にも立ちません。
 
 
しかし、英語に関しては、どの業界でもグローバル化が進んでおり、
海外との取引や、外国人の雇用が当たり前になっているので、
 
 
TOEICで高得点を取れるバイリンガルの需要は、
どの業界でも大きい
のです。
 
 
さらに、TOEICというのは日本だけの資格ではなく、
全世界で英語力を測るスタンダードになっています。
 
 
なので、外資系企業でもTOEICの点数を1つの目安に見てくれますし、
どの国に行っても自分の履歴書に書けるという利点があります。
 
 
ここが日本だけの資格にとどめられている英検と
TOEICの決定的な違いでもありますね。
 
 
なので、就職活動や転職活動のために
TOEICの点数をあげようかなと考えている場合、
あなたの判断は、間違いありません。
 
 

では、どれ位の点数を取ればよいのでしょうか?

 
 
知り合いの大手一流企業の人事の方に聞いたところ、

やはり「800点以上」で英語ができるんだろうなという判断をする

と言っていました。
 
なぜかというと、人事の方も数多くの履歴書を見るそうで、
その中でTOEIC500~700という数字は、結構、見慣れたものだそうです。
 
 
なので、TOEICで高得点を取って、
就職活動を優位に進めたいという方は、
TOEIC800点を目指す事をオススメします。

 
 
ただ、初めからTOEIC800点を目指すと
モチベーションを保つのが難しいので、
 
 
自分のレベルに併せて、初めは500点、次に600点と
少しづつレベルアップしていく様にするのが良いですね。
 
 
また、就職活動が終わった後にも、
昇進のための条件がTOEICだったりする事も
多々あります。
 
 
とにかく早めに始めておいて損はありませんので、
ぜひ、この就職活動をきっかけに、TOEICの勉強を始めていきましょう!
 
 
まずは、この短期間でスコアアップするための秘訣を見てくださいね。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

管理人

当サイトの管理人、石井あきらです。2007年に890点獲得し、現在は英語教師として、指導を行っております。
続きはコチラから

お問い合わせ


出来るだけ早く必ず返信します!ご質問やご相談などお気軽にメールをくださいね。(^ ^)



アーカイブ

このページの先頭へ