TOEICと英会話の関係

TOEICの点数は英会話とは関係が無い!という説があります。
 
 
確かに私もTOEICは800点を持っているのに、全然、喋れない人に会った事がありますが、私の経験からいうと、TOEIC高得点の人は上達が早いです
 
 
TOEIC高得点を持っている人が英会話の練習をするとかなり上達が早いです。得に、TOEICの高得点保持者は、自分が喋っている事の間違いが分かるので、すぐに言い直して修正できるんですね。
 
しかもリスニング力も鍛えられているので、ネイティブの人の言い回しとかをすぐ真似できるので、吸収力があります。
 
 
一方、TOEICの点数もないし、英会話もしていないという人は、自分で喋っている事が文法的に間違いという事を気付かないし、リスニング力もほぼ0なので、やはり非常に苦労をしています。
 
 
TOEICは、スピーキングのテストが無いので、英会話とは直接とは関係無いですが、TOEICで培われる英単語の量、リスニングスキル、そして、文法の知識は無駄にはなりません。
 
 

TOEICで出てくる単語は日常で使う単語ばかり!

 
 
さらに、TOEICに出てくる英単語はビジネスよりの単語と言われていますが、実は、ビジネスというより日常で使われる単語の方が多いです。
 
 
専門的な英単語というより、日本語で言うと「契約書、株、広告、弁護士・・・」とかそういう一般的なレベルなんですね。これはTOEIC900点レベルでも同じで、TOEICで出てくる単語は、日常生活で確実に見る英単語と言っても良い位なのです。
 
 

TOEICの勉強ついでに英会話も勉強してしまおう!

 
 
そこで、オススメなのがTOEICの勉強をするついでに、英会話の練習も取り入れていく事です。どの様にするかというと、英単語や文法を覚えるときに、ただ見て覚えたり書いて覚えたりするのではなく、自分で使っている所をイメトレして、単語や文法を使っている所を想像してみるのです。そうすると、英会話対策にもつながります。
 
 
また、以前紹介したリスニングパワーは、発音の習得とリスニング対策を同時に行えるので、英会話とTOEICの両方の対策になりますので、そういった意味でもオススメですね。
 
 

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

管理人

当サイトの管理人、石井あきらです。2007年に890点獲得し、現在は英語教師として、指導を行っております。
続きはコチラから

お問い合わせ


出来るだけ早く必ず返信します!ご質問やご相談などお気軽にメールをくださいね。(^ ^)



アーカイブ

このページの先頭へ